未分類

ミュージカル

仲間が出演しているミュージカルの舞台を観に行ってきました。
稽古場にも御邪魔させて頂いたこともあり、キャスト一人、一人が壁にぶち当たったり、
悔しい思いをしたり、そういう姿をみてきたので、普通に観劇するより感情が大きかったかもしれません。
本番中に、怪我をしてしまったキャストも居たりして、本当にハラハラ、ドキドキ、ソワソワした舞台でした。
ここまで来て、この日の為に、一生懸命頑張ってきたのにー。
でも、何とか舞台に立つことが出来て、安心しました。
舞台の衣装もやり、皆のリーダー的立場にもたち、大きな役を貰った、女性が居て、
本当はか弱くて、どちらかと言えば、護るよりも護ってもらう感じの女性だったのに、
このミュージカルの稽古を通して、すごく頼もしく成長したことは涙が出るほど、嬉しかったです。
ここの団体は素人を100人集めて、
100日でミュージカルの舞台に立とうというプログラムをしています。
このプログラムは、東北、関東、中部、関西、九州という場所で行われ、
ずっと同じ作品を上演しつづけています。
この作品なのですが、
今の時代に、とても大切なメッセージが込めれている作品なので、
プログラムに参加出来なくても、ミュージカルを観て何かを感じてくれるだけでもいいので
何らかのカタチで関わってくれる人が増えていってくれると良いなと思います。